アプトポッド、エッジコンピュータブランド「EDGEPLANT」にて環境耐性がある小型軽量のカメラユニットをリリース

沿って : Ilikephone / On : 23/08/2022

アプトポッド、エッジコンピュータブランド「EDGEPLANT」にて環境耐性がある小型軽量のカメラユニットをリリース
by IoTNEWS編集部

株式会社アプトポッドは、AI・IoTにおけるエッジコンピューティング環境を提供するハードウェアブランド「EDGEPLANT(エッジプラント)」を提供している。「EDGEPLANT」は、GPU搭載のエッジコンピュータと、各種制御バスやセンサーネットワークに接続するためのインターフェイス機器、カメラシステムなどで構成されている。

そして本日、アプトポッドは、「EDGEPLANT」より、環境耐性を備えた小型軽量のカメラユニット「EDGEPLANT EP1-VM01A」をリリースしたことを発表した。

アプトポッド、エッジコンピュータブランド「EDGEPLANT」にて環境耐性がある小型軽量のカメラユニットをリリース

「EDGEPLANT EP1-VM01A」は、画像解析やAIによる画像認識など、産業シーンのエッジコンピューティングにおいての動画像の取得、収集を行う際の環境耐性や設置などを考慮したUSBカメラユニットだ。

特長は、軽量・コンパクト、-20℃~+60℃の温度耐性、電磁ノイズ耐性で、様々な産業シーンでの搭載を考慮されている。また、汎用的な三脚穴への対応、民生レンズフィルタの装着、USB接続によるエッジコンピュータへの接続も可能だ。

IoTNEWS編集部

IoTに関する様々な情報を取材し、皆様にお届けいたします。

カテゴリー ウェアラブル、ニュース タグ アプトポッド(APTPOD)

DX実践ノウハウ解説

業務プロセス改善のDXで使う「ECRS」とは、具体例や使い方を解説業務改善のためのDX、5つの基本ステップDX人材の6つの役割と必要なスキルDXを加速する、アジャイル型組織とは攻めのDX、守りのDXDX戦略を作るのに必須となる、5つのビジネスフレームワークDX時代の正しい事例の読み解き方(事例マニアはNG)

DXトレンド解説

ウェアラブルとは?ウェアラブルデバイスのビジネス活用事例10選DXとは?本質をわかりやすく解説IT、IoTとICTとの違いスマートホームの基礎とトレンドVUCA時代を生き抜くための、デジタルトランスフォーメーションとIoT国内・海外スマートシティDX事例10選都市のDXが進む「スーパーシティ」構想とは?