三菱ふそう、中型トラック『ファイター』新型モデルをGCC市場に初投入

沿って : Ilikephone / On : 02/05/2022

三菱ふそう、中型トラック『ファイター』新型モデルをGCC市場に初投入

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は2月28日、欧州排出ガス規制「ユーロ5」に準拠した中型トラック『ファイター』新型モデルをGCC(湾岸協力会議)市場向けに初投入すると発表した。

三菱ふそう、中型トラック『ファイター』新型モデルをGCC市場に初投入

中型トラック ファイターは、車両総重量(GVW)10.4トンから17.1トンまでのバリエーションで、流通から建設業まで、GCC市場の様々なビジネスをサポート。MFTBCの川崎工場から出荷される完成車は、頑丈で信頼性の高いシャシーに、アジリティと耐久性を備えた6気筒6M60エンジンを組み合わせている。

また、エンジンの最適化により燃費を向上させ、温室効果ガス排出量の60%削減と粒子状物質(PM)排出量の80%低減を実現。カタールでは2023年から同国で開始する排出ガス規制強化に先行して「ユーロ5」適合のファイターは既に発売されており、今後数か月以内にサウジアラビア、クウェート、オマーン、バーレーンにも投入する予定だ。アラブ首長国連邦(UAE)、カタールとオマーンでは、既にユーロ5に対応した小型トラック キャンターを販売している。