DDNジャパン及び日本IBM、Yahoo! JAPANが運営するOpenStack Swiftのデータをデータセンターにキャッシュさせ、米国データセンターに保存するアクティブアーカイブシステムを構築

沿って : Ilikephone / On : 27/06/2022

DDNジャパン及び日本IBM、Yahoo! JAPANが運営するOpenStack Swiftのデータをデータセンターにキャッシュさせ、米国データセンターに保存するアクティブアーカイブシステムを構築

日本の約4分の1であるアメリカの低電力費用により、データセンターを低コストで運用することが可能になり、経費の大幅な削減を実現

DDNジャパン
株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン2016年12月7日(米国時間2016年12月6日発表)ニュースリリース株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン (所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:ロベルト・トリンドル、以下DDN)は、本日、ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が保有する既存のオブジェクトストレージ(OpenStack Swift)のデータをデータセンターにキャッシュさせ、米国側のデータセンター(アーカイブ)に保存させるアクティブアーカイブシステムを日本IBMと共同で構築したことを発表しました。Yahoo! JAPANはユーザの保存データ容量の増大、東日本大震災をきっかけとした、ディザスターリカバリの見直し、数ペタバイトのバックアップにおけるデータ保護の重要性の見直し等を受け、検討の結果、日本にはキャッシュのみを置き、同社の米国現地法人YJ America, Inc所有のデータセンターにデータを置く、アクティブアーカイブのシステム導入を決定し、2015年11月にIBMとDDNをベンダーとして選択しました。このシステムでは、数十PBを1ファイルシステム構成で扱うことができ、稼働中のオブジェクトストレージ(OpenStack Swift)のデータをデータセンターに11TB/時で高速にキャッシュさせ、米国側のデータセンター(アーカイブ)へ転送速度1日あたり50TBのバックアップを可能にするブレークスルーを実現しました。このシステムにより日本のユーザーは日米間の回線を気にする事なくサービスを継続する事が可能になりました。日本側データセンターへ導入した構成は、高速なI/O性能を求められる事からDDNハイパフォーマンスストレージ SFA7700X, IBM Spectrum Scaleを採用。データキャッシュとしてメタデータを扱うために、より高速なI/Oを実現可能なSSD (Solid State Drive:ソリッドステートドライブ) を搭載し、既存ファイルオブジェクトとは、IBM Spectrum Scale AFM (Active File Management) を介してキャッシング機能を利用したデータ共有を実現。米国側データセンターへは、高密度実装されたSFA7700Xで数十PB構成を導入しました。DDN は、納入後わずか2日間で数十PBのファイルシステムの構築に成功し、最速で運営を開始しました。関係者の声ヤフー株式会社 システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術1部 クラウドオペレーション 正木 大介様Yahoo! JAPANでは、データはPB単位で増大を続け、早急にバックアップストレージの見直しを行う必要がありました。また東日本大震災をきっかけとしてディザスターリカバリの見直しも行いました。しかし巨大なストレージを日本のデータセンターに設置するには消費電力等の問題がありました。そこで、既存のオブジェクトストレージ(OpenStack Swift)のデータを国内のデータセンターにキャッシュさせ、電気代が日本のデータセンターの1/4で運用が可能な米国側のデータセンター(アーカイブ)に保存させるテクニカルなソリューションの導入に踏み切りました。安定した毎秒数ギガバイトの転送は、IBMの技術力による卓越したチューニングにより実現し、DDNの高パフォーマンス、高密度のハードウェア、IBM Spectrum Scaleへの豊富な知見、多数の運用サイトにより、競合製品の約1/3のコストで構築・運用が可能になりました。今後は国内複数サイトからの米国へのアクティブアーカイブに挑戦していく予定です。関連資料・Yahoo! JAPANについてhttp://www.yahoo.co.jp/・DDN SFA7700Xについてhttp://www.ddn.com/products/flash-storage-appliance-sfa7700x/・DDN OpenStack Solutionsについてhttp://www.ddn.com/solutions/openstack-storage-solutions/・DDNのエンドツーエンドストレージ及びビッグデータ・プラットフォームについてhttp://www.ddn.com/products/・DDNのお客様についてhttp://www.ddn.com/customers/・DDNをフォローブログ:http://www.ddn.com/company/blog/Twitter:https://twitter.com/DDN_LimitlessLinkedIn:https://www.linkedin.com/company/datadirect-networksFacebook:https://www.facebook.com/DDN.DataDirect.Networks/DataDirect Networks について:http://www.ddn.com/company/office-locations/japan-tokyo/DataDirect Networks(DDN)は、大規模でスケーラブルなストレージ市場のリーダーとしてコンテンツ・リッチで高成長する IT 環境において、最高レベルのシステム拡張性、効率性とシンプルさを実現する、データストレージ、プロセッシング・ソリューションとサービスを提供しています。株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパンは DDN の日本法人・100%子会社です。会社名:株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン所在地:〒102-0081 東京都千代田区四番町6-2 東急番町ビル8FTEL:03-3261-9101 FAX:03-3261-9140©2016 All rights reserved. DataDirect Networks, Inc.、DDN Storage、DDN は DataDirect Networks が所有する商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。無断複写・転載を禁じます。【本件に関するお問い合わせ先】株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン 担当:青山 TEL:03-3261-9101 FAX:03-3261-9140 ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DDNジャパン >
  3. DDNジャパン及び日本IBM、Yahoo! JAPANが運営するOpenStack Swiftのデータをデータセンターにキャッシュさせ、米国データセンターに保存するアクティブアーカイブシステムを構築

DDNジャパン及び日本IBM、Yahoo! JAPANが運営するOpenStack Swiftのデータをデータセンターにキャッシュさせ、米国データセンターに保存するアクティブアーカイブシステムを構築