【Hothotレビュー】独自SoC採用のGoogle製ハイエンドスマホ「Pixel 6/6 Pro」をレビュー - PC Watch

沿って : Ilikephone / On : 23/03/2022

【Hothotレビュー】独自SoC採用のGoogle製ハイエンドスマホ「Pixel 6/6 Pro」をレビュー - PC Watch

従来モデルからデザインを一新

 ではまず、Pixel 6シリーズの外観から見ていこう。

 従来モデルとなるPixel 5シリーズは、搭載SoCなどからも、いわゆるミドルハイレンジに位置付けられるコストパフォーマンスを追求した製品だった。Pixel 4までは、ハイエンドモデルのPixelシリーズと、コストパフォーマンス追求のPixel aシリーズの2シリーズで展開していた一方、Pixel 5シリーズでは、今年夏にPixel 5a 5Gも登場したが、Pixel 5も含め、事実上aシリーズとして分類していいモデルだった。

 それに対し、Pixel 6シリーズは以前同様にハイエンドモデルとして登場。それもあって、デザインは従来モデルから大幅に刷新されるとともに、質感も大きく高められている。なお、Pixel 6はプレミアムモデル、Pixel 6 Proはフラグシップモデルとして位置付けられている。

Pixel 6正面背面。試用機のカラーはStormy Black下部側面左側面上部側面右側面Pixel 6 Pro正面背面。試用機のカラーはSorta Sunny下部側面左側面上部側面右側面

 Pixel 6シリーズは、側面がリサイクルアルミニウムを採用したメタルフレームとなり、ディスプレイ面および背面にはガラスを採用。メタルフレームは、Pixel 6ではつや消し仕上げのブラック、Pixel 6 Proでは光沢仕上げのシルバーとすることで、印象が異なっている。あわせて、ガラスは双方とも光沢仕上げとなっており、どちらも従来モデルよりも高級感が感じられる。

【Hothotレビュー】独自SoC採用のGoogle製ハイエンドスマホ「Pixel 6/6 Pro」をレビュー - PC Watch

 側面は曲線となっており、メタルフレームとガラスがほぼ段差なく結合されている。これによって、手に持ってもゴツゴツとした印象は伝わってこない。なお、Pixel 6 Proのほうが側面の曲線がよりなだらかとなっている。

 ガラスは、ディスプレイ面には双方とも米Corning製の強化ガラスの中で最も優れた強度を誇るGorilla Glass Victusを、背面にはPixel 6がGorilla Glass 6、Pixel 6 ProがGorilla Glass Victusを採用。これにより、傷が付きにくいのはもちろん、本体の耐久性も高めている。

左がPixel 6、右がPixel 6 Pro。Pixel 6の方がわずかに小さいPixel 6は側面のメタルフレームがつや消し仕上げのブラック。背面ガラスはGorilla Glass 6Pixel 6 Proは側面のメタルフレームが光沢仕上げのシルバー。背面ガラスはGorilla Glass VictusPixel 5シリーズとの比較。左からPixel 5、Pixel 5a 5G、Pixel 6、Pixel 6 Proこちらは背面の比較。同じく左からPixel 5、Pixel 5a 5G、Pixel 6、Pixel 6 Pro

 Pixel 6シリーズのデザインで最も大きなアクセントとなっているのが、背面カメラの「Pixelカメラバー」だ。Pixel 5シリーズでは、四角いユニット状の2眼仕様カメラを背面左上角付近に搭載していたのに対し、Pixel 6シリーズでは背面上部に左右側面まで達する帯状の突起を用意してカメラを配置するという、これまでにないデザインを採用。このPixelカメラバー、本体から実測で3mmほどとかなり大きく飛び出しており、その点でも強いインパクトがある。

 また、ディスプレイ面を上にしてテーブルに置く場合などは、このカメラ部が本体上部を支える脚のような役割となり、安定して置ける。従来モデルのようにカメラユニットの突起が本体の片側に寄って配置されていると、テーブルなどに置いたときにぐらつく原因となるが、Pixel 6シリーズではそういったことはない。

 ただ、やはりカメラユニットが大きく飛び出していることで、手に持ったときなどにカメラ部が指に触れると、ゴツゴツとした印象を受けるとともに、やや邪魔にも感じる。

Pixel 6のカメラバー。背面カラーは、カメラバーの上下で異なっているPixel 6 Proのカメラバーカメラバーの突起は実測で3mmほどとかなり大きいPixel 6 Proのカメラバーの突起も実測3mmほどだったPixel 5a 5G(左)のカメラと比較すると、存在感が大きく異なることが分かるテーブルにディスプレイを上に向けておくと、カメラバーが脚となりぐらつかず置ける

 カラーは、Pixel 6、Pixel 6 Proそれぞれに3色を用意。Pixel 6はSorta Seafoam、Kinda Coral、Stormy Blackの3色、Pixel 6 ProはCloudy White、Sorta Sunny、Stormy Blackの3色となる。

 いずれのカラーも、Pixelカメラバーの上下で色が異なっており、それもいいアクセントとなっている。なお今回の試用機は、Pixel 6がStormy Black、Pixel 6 ProがSorta Sunnyだったが、前者は落ち着いた高級感のある印象、後者は華やかな印象の色合いと感じた。