シーンで選ぶクレジットカード活用術(164) かざして支払いは10月まで20%還元! Tマネーの新規登録キャンペーンを解説 | マイナビニュース マイナビニュース マイナビ

沿って : Ilikephone / On : 19/05/2022

シーンで選ぶクレジットカード活用術(164) かざして支払いは10月まで20%還元! Tマネーの新規登録キャンペーンを解説 | マイナビニュース マイナビニュース マイナビ

スマホを使えばiD、Mastercard加盟店でも利用可能に

「Tマネー」は現在、「Tカード」を使った磁気ストライプでの決済、「モバイルTカード」を使ったバーコードでの決済、スマートフォン等を端末にかざす「Tマネーかざして支払い」での決済、ネットショッピングなどでMastercardのカード番号を入力するオンライン決済が利用できる。決済方法によって利用できる店は異なり、簡単にまとめると下表のようになる。

「Tマネーかざして支払い」に関しては、Androidスマートフォン等はiD加盟店でのみ利用できるが、iPhoneおよびApple WatchはMastercardコンタクトレス加盟店でも利用可能。iPhoneおよびApple Watch の場合、Apple Pay対応のオンラインショップでも利用できる。

また、これらの決済方法のうち、「Tカード」以外は「Tポイントアプリ」で利用手続きが必要。手続き内容によっては、電話番号認証で通話料が発生する場合がある。Mastercardカード番号は、「Tマネーかざして支払い」の利用手続きをすると自動で発行される。

Tポイントもチャージに使える

「Tマネー」を利用するには事前にチャージが必要になり、残高は3万円が上限となる。主なチャージ方法は、現金、クレジットカード、後払い(Paidy)、Tポイント、Tマネーギフトカードの5つ。現金はTマネー加盟店(一部を除く)の店頭で、それ以外はオンラインでの手続きとなる。

現金は1,000円以上1,000円単位でチャージでき、「Tカード」または「モバイルTカード」を提示して代金を支払う。

クレジットカードからのチャージは、クレジット機能付きTカード(一部対象外あり)のみ利用可能。3,000円以上1,000円単位でチャージでき、オートチャージや1タップチャージの設定もできる。

後払いでのチャージは「Paidy翌月払い」を通じて利用でき、1回につき300円のシステム手数料が必要。ただし、後払いでの月間チャージ合計額(システム手数料は除く)に対して、200円につき1ポイントのTポイントが貯まるため、1回3万円をチャージした場合は、システム手数料は実質半額になる。

シーンで選ぶクレジットカード活用術(164) かざして支払いは10月まで20%還元! Tマネーの新規登録キャンペーンを解説 | マイナビニュース マイナビニュース マイナビ

3,000円以上1,000円単位でチャージでき、当月分のチャージ合計額を翌月10日までにまとめて支払う。支払いは口座振替・銀行振込・コンビニ払いの3つの方法から選ぶことができ、口座振替であれば手数料無料。銀行振込は金融機関によって振込手数料が必要になる場合があり、コンビニ払いは356円の支払手数料が必要となる。

Tポイントは1ポイント=1円として、1ポイント単位でチャージできる。期間固定TポイントはTマネーが利用先となる「Tポイントチャージ限定Tポイント」のみ利用可能。

Tマネーギフトカードは、カード裏面に印字されたPIN番号を入力するとチャージできる。TマネーギフトカードはTSUTAYA、ファミリーマート、ウエルシア(いずれも一部店舗を除く)で販売されており、TSUTAYAは3,000円、5,000円、1万円の3種類から選択可。ファミリーマートとウエルシアで販売されているTマネーギフトカードは、3,000円以上3万円以下の間で、購入金額を1円単位で指定できる。

このほかにも「買取チャージサービス」があり、TSUTAYAで売ったゲーム・CD・本・トレカなどの買取金額や、ENEOSの卒FIT太陽光の買取金額をTマネーへのチャージで受け取ることもできる。

「Tマネーかざして支払い」新規登録者は10月まで20%還元

「Tマネー」は月間合計利用額に対して、500円につき1ポイントのTポイントが貯まる。決済方法は関係なく、たとえばiD加盟店で1,200円、オンライン上のMastercard加盟店で1,800円を利用した場合は、合計3,000円となり6ポイントが貯まる。

Tポイント提携店を利用した場合は、これとは別にショッピングポイントとしてTポイントが貯まる。たとえばファミリーマートでは、買い物時に「Tカード」を提示すると、通常200円につき1ポイントが貯まるため、1,000円の買い物をする場合は、「Tマネー」利用に対して2ポイント、「Tカード」提示に対して5ポイント、合計7ポイントが貯まることになる。

現在、「Tマネー」では最大で1,200ポイントが貯まるキャンペーンが行われている。2つのステップがあり、まず2021年9月30日までに初めて「Tマネーかざして支払い」に登録すると、もれなく200ポイントが10月中旬にプレゼントされる。なお、2021年7月31日以前に「Tマネーかざして支払い」に登録していた場合は、本キャンペーンの対象外となる。

1つめのステップをクリアしたユーザーは、2021年10月31日まで、「Tマネーかざして支払い」の利用額(オンライン上のMastercard加盟店での利用も含む)に対して、20%のポイントが還元される。通常は0.2%還元なので、実にポイント100倍。期間中1,000ポイントが上限となり、こちらは11月中旬に付与される。

この20%還元には通常利用分のポイントも含まれ、原則として0.2%分は通常のTポイント、19.8%分は有効期限が12月末日で残高へのチャージにのみ使える「Tポイントチャージ限定Tポイント」としての付与となる。つまり、期間中に「Tマネーかざして支払い」を5,000円利用した場合、通常のTポイントが10ポイント、「Tポイントチャージ限定Tポイント」が990ポイント貯まる。5,500円を利用した場合は、通常ポイントが11ポイント、「Tポイントチャージ限定Tポイント」が989ポイントになる。

Tポイントは現在、Tポイント提携店での支払いに利用できるだけでなく、「Tマネー」にチャージできたり、投資に使えたり、利用範囲が大きく広がっている。もし持て余しているTポイントがあるなら、こうしたキャンペーンをうまく活用してみてはいかがだろうか。

※本記事で紹介したサービス内容は更新日時点の情報です。「税別」などの注記がない限り、原則として消費税込みの金額を表記しています。ポイント価値は編集部にて算出しており、利用方法によって上下する場合があります。各サービスには一部対象外となるケースがあります。ご利用の際は公式サイトなどで最新の情報をご確認ください。

普段は音楽やエンタメ関係の仕事が多いが、過去に勤めていた会社の都合でクレジットカード本を作ったことをきっかけに、クレジットカード、電子マネー、ポイントなどに詳しくなる。以降、定期的にクレジットカードのムック本を編集・執筆。3月8日発売の『最強クレジットカードガイド2017 本当にトクするカードの選び方・使い方=写真=』(角川SSCムック)では、編集統括および記事の大部分を執筆している。

この著者の記事一覧はこちら