トライアンフから「新型 TIGER 1200」が遂に登場!|トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社のプレスリリース

沿って : Ilikephone / On : 04/06/2022

トライアンフから「新型 TIGER 1200」が遂に登場!|トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社のプレスリリース

ベスト・オブ・ザ・ワールド

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(代表取締役:大貫陽介、東京都港区)は、大幅に軽量化され、よりパワフルになった新型 Tiger 1200を発表したことをお知らせいたします。

Tiger 1200_All Family

新型 Tiger 1200はクラストップのフットワークとハンドリング、ライバルを寄せ付けないT-PLANE3気筒エンジン、向かうところ敵なしの快適性を実現。世界最高峰の能力を持ちながら、機敏で操縦性の高い大型アドベンチャーモーターサイクルとして完成いたしました。また新型 Tiger 1200は、オンロード性能とパフォーマンスを一変させ、オフロードでは最高にダイナミックでエキサイティングな体験を提供いたします。更に30リッタータンクを持つExplorerモデルを含め、全く新しいTiger 1200シリーズのラインアップで、大型アドベンチャーバイクのベスト・オブ・ザ・ワールドに挑みます。All-new Tiger 1200 Family

Tiger 1200_GT Pro

Tiger 1200 GTファミリーは、オンロード志向の究極のアドベンチャーバイクとして作られています。フロント19インチ、リア18インチのアルミ製キャストホイールを装備。※日本国内ではGT Pro、GT Explorerのみを取り扱い。Tiger 1200 GTの取り扱いはございません。

Tiger 1200_Rally Pro

Tiger 1200 Rallyファミリーは、オールラウンドな究極のアドベンチャーバイクのラインアップです。フロント21インチ、リア18インチのチューブレス・スポークホイールを装備。THE BEST OF ALL WORLDSトライアンフの歴史の中でも最も野心的なプロジェクトの一つである新型Tiger 1200のラインナップは、重量、性能、機能のすべてにおいて変革をもたらし、ライダーがアドベンチャーモーターサイクルに求めるあらゆる利便性を提供することに重点を置いています。新世代のTigerラインアップは、先代の特徴だった実用的なシャフトドライブのセットアップや長距離での優れた快適性、ツーリングに適した3気筒エンジンプラットフォームなどの強みを活かしつつ、新世代のT-PLANE3気筒エンジン、軽量シャーシ、先進技術を導入し、最も俊敏で高性能な大容量アドベンチャーバイクを実現しました。新型 TIGER 1200ファミリー新しい性能を反映して名前も一新されたTiger 1200の各モデルは、それぞれのライダーが求めるアドベンチャーに合わせて、よりカスタマイズされています。オンロードに特化した新しいGT Proには、フロント19インチ、リア18インチのキャストホイールと、究極のアドベンチャーライドを実現するためにチューニングされた新開発のショーワ製セミアクティブ・サスペンションが装備されています。新しいRally Proでは、初めてフロント21インチ、リア18インチのチューブレス・ワイヤースポーク・ホイールを採用し、より長いストロークを持つ新開発のショーワ・セミアクティブ・サスペンションを搭載しています。オフロードでもオンロードでも、究極のオールテレーン・ライディングを実現するためのチューニングが施されています。完璧なラインアップを完成させるために、トライアンフは4車種のうち2車種に30リッタータンクを導入。クラスで唯一のキャストホイール、30リッタータンクを持つアドベンチャーバイクです。どちらもトライアンフの新しいブラインドスポットレーダーシステムを搭載、これまでにない最高レベルの仕様と機能を備え、快適でスタイリッシュに世界を旅することができます。新型 T-PLANE3気筒エンジン新型T-PLANEトリプルクランクは、ミドルウェイトカテゴリーでトライアンフのTiger 900を成功させたすべての利点を引き継ぐ設計がされており、低速域では2気筒のようなトルクがオフロードで優れた性能を発揮し、高速域では3気筒の性能により、ライダーが最も長い時間を過ごす高速道路でTigerをさらに優れたものにしています。技術的には、T-PLANE・クランクは、新型Tiger 1200エンジンに180度、270度、270度の不均等サイクルパルスを与え、その結果、1サイクルの間に1つの短いギャップと2つの長いギャップが生じ、低回転での特性とトルクが改善されています。新開発の1160ccエンジンは、先代よりも9PSアップの150PS(9,000rpm)のピークパワーを発揮し、シャフトドライブのモーターサイクルとしてはクラス最強の性能を実現しました。また、トルクも大幅に向上し、ピークトルクは130Nm/7,000rpmと、先代エンジンより8Nmアップしています。パワーとトルクの向上に加えて、新しいエンジンチューン、T-PLANEトリプルクランクは加速性を向上させ、より反応の良い刺激的なキャラクターを実現しました。不均等な点火間隔により、低速域での優れたフィーリングとトルクが得られ、回転域全体で安定したトルクが発揮されます。さらに、すべてのTigerには軽量でメンテナンス性に優れたシャフトドライブが採用されていますが、これはアドベンチャーツーリングライダーにとって重要な利点です。先代のエンジンと比較して、ボア・ストローク、クランク、シリンダーヘッド、ギアボックス、クラッチ、そしてシャフトドライブとベベルボックスなど、すべてが新しくなりました。すべての部品を大幅に軽量化・コンパクト化したことで、全体的に引き締まったエンジンとなり、ライディングダイナミクスが大きく変化しました。それに加えて、新しい最小限の軽量サイレンサーを採用した結果、サウンドが大幅に改善され、新たに特徴的な3気筒の独特なエグゾーストが得られました。

Tiger 1200_Pro Family

ハンドリングの新しいベンチマークTiger 1200は、大幅な軽量化、まったく新しい軽量シャーシ、クラス最高水準の装備、まったく新しいライダーエルゴノミクスを採用し、ロードおよびオフロードアドベンチャーのハンドリングの新しい基準となるように設計されています。すべてのコンポーネントを含むモーターサイクル全体にわたる大規模な重量の最適化プログラムを経て、新世代のモーターサイクルは旧型のTigerよりも25kg以上、同等の仕様のモーターサイクルで最も近いシャフトドライブの競合製品よりも17kgも軽量化されています。GTモデルには、優れたグリップ力と安定性を備えたメッツラー Tourance™タイヤが装着され、Rallyモデルには、真のオールテレーン・ライディングを可能にするKaroo Street™タイヤが装着されています。より高度なオフロード走行には、ミシュランのAnakee Wildを用意しています。クラス最高レベルのBrembo製 Stylema® モノブロック・ブレーキがTiger 1200の全モデルに装備され、パワフルでプログレッシブなパフォーマンスを発揮します。これらは、長距離のロードライディングやRallyモデルの高度なオフロードアドベンチャー能力の要求を満たすように選択されました。このシステムは、洗練されたIMU(慣性計測ユニット)によってサポートされており、モーターサイクルの動き(ピッチレート、ヨーレート、ロールレート、垂直方向の加速度、横方向の加速度、縦方向の加速度)を継続的に計測して、モーターサイクルのリーンアングルを計算し、最適なレベルのABS介入を行います。また、リーチ調整が可能なMagura HC-1レバーは、プログレッシブなフィーリングを実現し、ライダーの快適性とコントロール性をさらに高めています。重量とハンドリング性能の向上に大きく貢献しているのがTigerの新しいフレームで、従来のデザインよりも5.4kg軽量化されています。また、お客様からのフィードバックをもとに開発された、ボルトオンのアルミニウム製リアサブフレームとボルトオンのリアハンガーを採用しています。さらに、新しいアルミニウム製燃料タンクや、従来の片持ち式のスイングアームから1.5kgの軽量化と強度の向上を実現した新開発のトライリンク式スイングアーム、小型軽量化されたシャフトドライブとベベルボックスを採用することで、さらなる軽量化を実現しました。ライダーに低速走行時や停車時の信頼感を与え、快適性とコントロール性を向上させるために、新型1200はすべてのモデルでシートとタンクのエルゴノミクスを変更し、シートがタンクに接するフロント部分をスリムにしました。また、ライダーの好みに合わせてシートの高さを20mm変えることができる、簡単に調整可能な2ポジションシート機構を全モデルに採用しています。シート高は、GT Pro & GT Explorerでは850mmと870mmの2種類、Rally Pro & Rally Explorerでは875mmと895mmの2種類をご用意しました。また、付属のローシートオプションにより、シートポジションをさらに20mm下げることができます。そして快適性をさらに高めるために、片手で簡単に調整できる新型スクリーンと、ライダーとパッセンジャーの両方に風を当てない為の新型エアロスクリーンディフューザーを採用しています。Tiger 1200シリーズの各モデルに合わせて最適化されたハンドルバーの位置は、バイクの敏捷性の向上に貢献し、ライダーの快適性を高めています。Tiger 1200のハンドルバーは、先代よりも20mm広くなり、オフロードでのコントロール性が向上しました。GT ExplorerとRally Explorerでは、ハンドルバーが他のモデルよりも16mm高くなっており、より快適で威厳のあるポジションを実現しています。また、フットペグの位置も改良し、各モデルに最適なライダーの快適性とコントロール性を実現しています。Tiger 1200の全モデルには、より安全で快適なライディングのための様々なプロテクションが施されています。ハンドガードはすべてのモデルに標準装備され、アルミ製スキッドガードはGT ProとGT Explorerに標準装備され、アルミ製サンプガードはRally ProとRally Explorerに標準装備されています。また、GT ExplorerとRallyの両モデルにはエンジンプロテクションバー、更にRally Explorerには燃料タンクプロテクションバーが装備されています。これらのアイテムは、標準装備されていないモデルにもアクセサリーとして追加することができます。

トライアンフから「新型 TIGER 1200」が遂に登場!|トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社のプレスリリース

Tiger 1200_Rally Family

最新テクノロジー搭載のトータルパッケージ新世代は、Tigerテクノロジーの新たな基準となるもので、乗り心地を向上させ、安全性、快適性、コントロール性を一段と向上させるために設計された多くの先進的な機能を導入しています。GT ExplorerとRally Explorerには、コンチネンタル社との共同開発による新開発のトライアンフ ブラインドスポットレーダーシステムが採用されており、2つの重要な安全機能を備えています。ブラインドスポットアシストは、後方に設置されたレーダーによって、死角に他の車両が入ってきたことをライダーに知らせます。また、レーンチェンジアシストは、ライダーが車線変更を指示した際に車両が接近してきた場合、より目立つように警告を発します。全車にコーナリング時に最適化されたトラクションコントロールを標準装備し、先進のIMUを用いて走行状況に応じた最適なトラクションコントロールのレスポンスを実現します。ライダーが必要とするすべての重要な情報は、新しいグラフィックパッケージを採用した光学的に接着された新型7インチTFTモニターで表示されます。また、My Triumphコネクティビティシステムが全モデルに標準装備されており、電話、ターンバイターンナビゲーション、Go Proコントロールが可能です。モデルによって最大6種類のライディングモードが用意されており、スロットルレスポンス、ABS、トラクションコントロール、サスペンションの設定を調整することで、あらゆる走行状況下でライダーが最大限にコントロールできるようになっています。Rally ProとRally Explorerモデル専用のOff-Road Proライディングモードは、ABSとトラクションコントロールをオフにし、オフロード用のスロットルマップを採用した、トライアンフの中でも最も過酷なオフロードでの冒険のためのセットアップです。レインモードは、最も介入性が高くなるように調整されており、100PSに制限されているため、コンディションが悪化した際の安全性とコントロール性が向上しています。Tiger 1200 Rally Pro & Rally Explorer:ロード、レイン、スポーツ、ライダーの任意設定、オフロード、オフロード・プロ (6種類)Tiger 1200 GT Pro & GT Explorer:ロード、レイン、スポーツ、ライダーの任意設定、オフロード(5種類)

Tiger 1200_GT Explorer

どんなライディングコンディションでも、特徴的で新しいアイコンであるデイタイムランニングライト(DRL)を備えた新しいフルLEDヘッドライトにより、優れた視認性を確保します。すべてのモデルに標準装備されている、リーンセンサーを持つ新型アダプティブ・コーナリングライトにより、コーナリング中の視認性と照明がさらに向上します。トライアンフのシフトアシストは、すべてのモデルに標準装備されており、アクセサリーとしてアップグレードすることができます。トライアンフのシフトアシストは、クラッチを操作することなく、簡単にギアを上下させることができます。更にヒルホールドも標準装備されています。ヒルホールドは急な坂道での発進時にバイクの後退を防ぎ、ライダーが発進するまでリアブレーキをかける機能です。すべてのモデルにはグリップヒーターが標準装備されており、GT ExplorerとRally Explorerにはライダーとリアシートのヒーターが装備されています。またGT ExplorerとRally Explorerには、タイヤ圧監視システムが装備され、ライダーの安全性を最大限に高めています。その他のモデルでは、シートヒーターとTPMSはアクセサリーオプションとして追加することができます。新型Tigerの包括的なテクノロジーパッケージを完成させるために、すべての新型モデルには、直観的でアクセスしやすいスイッチキューブ、ユニークな5wayジョイスティックコントロール、照明付きスイッチ、USB充電器付きシート下収納など、乗り心地を向上させるために設計された多数の追加機能が搭載されています。また、すべてのモデルには、調整可能な電子クルーズコントロールとセンタースタンドが標準装備されています。個性的なNEW TIGER STYLEハンドリングとパフォーマンスのアップデートと同様に、スタイリングの改善も意欲的に行われました。新しいTiger 1200のラインナップは、再設計されたボディワーク、すっきりとした現代的なライン、そして視覚的に軽量化されたフロントエンドによって、より威厳のあるスタイルを持つ独特の新しい外観を実現しています。それぞれのモデルファミリーは、より集中的にデザインされており、GTファミリーはよりオンロード寄りのスタイルを、Rallyファミリーは新しい21インチのフロントホイールセットアップにより、よりオフロード寄りなスタイルとスタンスを提供します。また、新世代ではウエストを大幅に細くし、スタンドオーバーを狭くしたコンパクトなデザインを採用しています。

専用アクセサリーシリーズ

新型Tiger 1200には、ライダーの冒険心を高めるために必要な最高のオプションを揃えた専用ラインナップがあり。バイクの実用性、快適性、スタイル、プロテクションを向上させる50種類以上のトライアンフ純正アクセサリーが用意されています。

Tiger 1200_Rally Explore

2つのフルラゲッジシステムは、新開発のTrekker 樹脂製パニアと52リットルのツインヘルメットトップボックス、パッセンジャーバックレスト、そして新開発のアルミ製 上部開口式Expeditionパニアと、マッチする42リットルのトップボックスとバックレストで、ブラッシュドアルミニウム仕上げとマットブラック仕上げの2種類が用意されています。エンジンバー、タンクプロテクションバー、アルミ製サンプガードなど、トータルなプロテクションシリーズ。新型Triumph Bluetoothヘッドセット。新しいパートナーシップであるTriumph Sena Bluetoothヘッドセットは、統合されたMy Triumphコネクティビティシステムと連動し、ハーマンカードン社によるサウンドシステムが搭載されています。価格とカラー Tiger 1200 シリーズの動画や写真、スペックはMedia Centerに格納されておりますのでご確認下さい。https://triumph-mediakits.com/en/motorcycles/adventure/new-tiger-1200-range.htmlトライアンフ公式ウェブサイトhttps://www.triumphmotorcycles.jp/お客様お問合せ先トライアンフコール TEL 03-6809-5233※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社 >
  3. トライアンフから「新型 TIGER 1200」が遂に登場!