プライベートLTE市場、2027年に106億4,000万米ドル到達見込み - 株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース icon_search icon_login

沿って : Ilikephone / On : 23/08/2022

プライベートLTE市場、2027年に106億4,000万米ドル到達見込み - 株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース icon_search icon_login

プライベートLTE市場の統計 - 2027年

プライベートLTEの市場規模は、2019年に37億8,000万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは13.9%で成長し、2027年には106億4,000万米ドルに達すると予測されています。プライベートLTE技術は、長期進化の一種であり、5Gネットワーク技術と類似しています。移動体通信標準化団体である3世代パートナーシッププログラムによると、共有、免許不要、免許付きの無線スペクトルを使用できる非公開のネットワークです。5Gの基地局、LTEネットワーク、無線アクセスネットワーク(RAN)と同様に、スマートフォン、ルーター、ゲートウェイなどのデバイスにデータを送信するために使用されます。プライベートLTEは、信頼性が高く、安全で高速な接続性を提供する4Gネットワーク技術です。 プライベートLTEは、LTEと比較して、データ転送の高速化、複数の機器との接続、低遅延などのメリットがあります。プライベートLTEは、Wi-Fiルーターのようなマイクロタワーを各地に設置して提供され、公衆携帯電話ネットワークを縮小したものです。

プライベートLTE市場は、COVID-19の流行により、スマートフォンに対する消費者の需要が減少していることや、ほとんどの地域で5Gネットワークの展開が遅れていることなど、市場拡大にマイナスの影響を与える要因がいくつかあります。

コンポーネント別に見ると、2019年のプライベートLTE市場全体のシェアはインフラストラクチャセグメントが占めており、予測期間中もこの傾向が続くと予想されています。これは、競合他社に対する戦略的な優位性だけでなく、競争上の優位性を得るために、企業の間でプライベートLTEの導入が増加していることに起因します。さらに、エンドユーザーが迅速かつ手間のかからないデータ接続やインターネット通話、オンラインストリーミングを行うことができるため、市場の成長を後押ししています。しかし、これらのプライベートLTE技術は、導入・展開、コンサルティングサービス、マネージドサービスを提供することで、サービスプロバイダー企業と顧客との間の効果的な連携を保証するため、サービス分野が最も高い成長を示すと予想されます。これらの技術を採用することで、新しいビジネスの導入が加速し、既存のモバイルやウェアラブルのリソースを最適化することで価値を最大化し、データコストを最小化することができるため、市場の成長をさらに促進します。

2019年のプライベートLTE市場は、周波数分割複信セグメントによって支配されており、プライベートLTEの実装により、大企業のIT・通信、石油・ガス、エネルギー・ユーティリティチームがより安全で高速なパーソナライズされたプライベートLTEネットワークを手に入れることがさらに進むため、プライベートLTE市場の予測期間中もこの傾向を維持すると予想されています。そのため、プライベートLTEの導入は、ダイナミックで柔軟なアプローチを提供する産業分野で急速に拡大しています。

【 当レポートの詳細目次 】

プライベートLTE市場、2027年に106億4,000万米ドル到達見込み - 株式会社グローバルインフォメーションのプレスリリース icon_search icon_login

https://www.gii.co.jp/report/amr992239-private-lte-market-by-component-technology.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F