カーローンの審査に落ちたら?取るべき対処法と車を諦めずに済む方法を解説|車購入のヒントならカルモマガジン

沿って : Ilikephone / On : 12/07/2022

カーローンの審査に落ちたら?取るべき対処法と車を諦めずに済む方法を解説|車購入のヒントならカルモマガジン

もしもカーローンの審査に落ちたら、どのように対処すればいいのでしょうか。ここでは、審査に落ちた方が車を購入するために取るべき対処法や、カーローンの審査基準について解説します。

なお、一度審査に落ちてしまったとしても、車をあきらめる必要はありません。カーローンと同じ分割払いで希望の新車に乗れる方法もご紹介します。

カーローンの審査に落ちた方も利用中!同じ分割払いで新車に乗る方法はこちら

カーローンの審査に落ちたら車に乗れない?審査落ちの対処法

一度カーローンの審査に落ちても、ほかのカーローンの審査に通れば車に乗ることは可能です。ただし、その際は再び審査に落ちてしまわないように対策を行っておく必要があります。ここでは、カーローン審査に落ちた場合の対処法をご紹介します。

審査に落ちてしまう原因として、収入に対し借入希望額が大きすぎるということが考えられます。まずは、借入希望額を見直してみましょう。

借入額を減らすには、希望する車のグレードを下げる、車種を変更するなどの手段がありますが、いくらかまとまった金額を用意できるのであれば、頭金を入れて借入額を減らすこともおすすめです。このような対策を行って、借入額に対して十分な返済能力があるとみなされれば、審査に通る確率も上がるでしょう。

カーローンの審査では、年収に占める年間返済額の割合を示す「返済負担率」が、年収の3分の1までだと良いとされています。返済負担率はひとつのローンだけでなく、ほかの借入れも含めた借入額の総額で算出されます。

そのため、ほかの借入れがある場合はまずそちらを返済しておくと、審査の際に有利になるでしょう。また、クレジットカードのキャッシング枠が借入額に影響している可能性もあります。使っていないカードがあれば解約しておくことをおすすめします。

カーローン申込者の返済能力が審査の通過基準にあと一歩届かない場合は、保証人をつけることで審査を通過できる可能性もあります。これは、万が一返済が滞った場合に、十分な返済能力がある保証人が返済責任を負うためです。ローン会社から保証人をつけるように申し出があった際には、前向きに検討しましょう。

なお、保証人には重い責任を負わせてしまうことから、親族など身内を立てることが一般的です。ただし、必ず自身でローンを返済できることを前提に、保証人になってもらうようお願いするべきでしょう。

信用情報とは、過去から現在にかけての借入れや滞納、債務整理、自己破産などの履歴のことで、これらは信用情報機関に記録されています。信用情報に金融事故履歴が残っていると審査の通過が難しいため、記録抹消まで待つことも審査落ちを防ぐ対策として有効です。

なお、信用情報の記録は5~10年ほどで消えるとされています。心当たりのある方は、信用情報機関へ情報開示請求を行って確認してみましょう。

審査のきびしさは、利用するカーローンによって異なります。銀行や信用金庫などのマイカーローンは金利が低い一方で審査がきびしい傾向にあり、反対にディーラーローンは金利が高いものの、銀行などに比べて審査が甘い傾向にあります。

前回より審査の甘いカーローンなら審査を通過できる可能性が高まるため、上記を踏まえて申し込むカーローンを変更してみましょう。

審査の甘いカーローンについて詳しく知りたい方はこちら

カーローンの審査で確認されること

カーローンでは、どのような情報をもとに審査が行われるのでしょうか。カーローンの審査基準は公にされていませんが、ここでは一般的に審査で見られるとされるポイントとその理由を解説します。

カーローンの審査では、借入額と年収のバランスをチェックされます。年収が高くても、借入希望額が大きすぎたり、収入に安定性がなかったりすると審査に落ちる場合があるので注意しましょう。

また、カーローンは長期にわたり返済が続くため、確実に返済できる収入の安定性がなければ審査を通過できません。

雇用形態や継続年数も、収入の安定性を測る審査対象のひとつです。一般的には、企業に属する正社員、かつ勤続年数が1年以上の方であれば審査に通りやすいとされています。また、雇用年数が長いほど有利です。

一方、フリーターやアルバイト、自営業の方などは安定性が低いとみなされることが多いため、会社員と同じ年収でも審査に通りにくい傾向にあります。

住宅ローンやカードローン、消費者金融などからの借入額もカーローンの審査の際に申告しなければなりません。複数の借入れがあると、お金に困っているとみなされ審査に通りにくくなる可能性があるので注意しましょう。

なお、すべての借入れを合計した年間返済額が、年収の3分の1以下であることが審査に通る目安といわれています。

過去にローンの返済を滞納した、自己破産をしたなど金融事故の情報は信用情報機関に記録されており、審査の対象となります。これまでの取引情報から返済能力がないと判断されると、審査の通過は難しいでしょう。

身近なものでは、携帯電話料金の滞納、他社でのローン審査の申込み状況などもチェックされる場合があるので注意が必要です。

資産状況はローンの返済能力に大きく影響を及ぼします。銀行預金や株式、土地などの資産があれば、審査にも有利に働く可能性があるでしょう。また、住居が持ち家か賃貸かなども参考程度に見られます。ただし、賃貸という理由だけで審査に落ちることはないでしょう。

カーローンの審査基準をもっと詳しく知りたい方はこちら

カーローン審査に落ちても車に乗る方法

カーローンの審査に落ちて再度申し込む場合、信用情報に審査履歴が残っており、審査に通りにくくなってしまう可能性があります。そこで提案したいのが、カーリースで車に乗るという方法です。

カーリースならマイカーと同様の乗り方が可能な上、カーローンの審査に落ちてしまった方でも利用できた実績があります。ここでは、カーリースのしくみとメリットについてご紹介します。

カーリースとは、月額料金のみの支払いでマイカーのように新車を利用できるサービスです。利用の際はカーローンと同様に審査が必要ですが、たとえカーローンの審査に落ちた方だとしても審査に通る可能性があるとされています。

その理由はカーリースの料金システムにあります。車両本体価格から契約満了時の車の下取り想定価格である「残価」を差し引いた上で月額料金を算出するカーリースでは、車両本体価格全額を支払うローンに比べ審査対象の金額を抑えられます。

また、契約を長期にするほど月々の料金が安くなるため、年間の返済額が影響する返済負担率を下げることも可能です。このことから、一度カーローン審査に落ちた方でも利用できる可能性があるといわれています。

Kさん・40代|バス運転手。子供が独立して1人暮らし、ムーヴに乗るのは今回が2回目。

カーローンに申し込んだのですが、以前に携帯代を払い忘れていたのが原因で審査に落ちてしまいました。そのときに、ローン以外にもカーリースという方法があるのを知り、試してみることにしたんです。

カーリースの定額カルモくんに申し込んだところ、無事審査に通過して乗りたかった車の新車に乗れました。予算内で車のグレードを上げることもできて満足しています。

カーローンの審査に落ちても新車に乗れた!その方法はこちら

カーリースの審査を通過できるか不安な方は、「お試し審査」を利用して事前に審査に通るか確かめてみましょう。定額カルモくんのお試し審査なら審査結果が通常翌営業日(最大3営業日)にわかる上、審査に通る車種を教えてもらうこともできます。審査後のキャンセルや車種の変更も可能なので、まずは一番安い車種でお試し審査に申し込んでみましょう。

カーローン審査に落ちたらカーリースを検討してみよう

カーローンの審査に落ちたとしても、カーリースなら希望の新車に乗れる可能性があります。それどころか、定額カルモくんのように月額料金の安いカーリースを選べば、ワンランク上の車に乗ることもできるかもしれません。

定額カルモくんでは、事前に審査の不安やカーリースの疑問を解消できる無料相談サービスも行っています。まずは電話やLINEで今の悩みを打ち明けてみてはいかがでしょうか。

よくある質問

A: 一度審査に落ちても、対策をして再度申し込めば審査を通過できる可能性があります。借入希望額を見直す、ほかの借入れを返済する、保証人をつけるなどの対策を行って、もう一度審査に挑戦してみましょう。自身の信用情報を確かめてみるのも有効です。

A:カーローンの審査基準は公開されていませんが、一般的なローンでは、年収や収入の安定性、雇用形態、勤続年数、ほかの借入れの有無、これまでの取引状況、資産状況などが審査対象となります。

A:カーリースならカーローンの審査に落ちた方でも車に乗れる可能性があります。カーリースは、月額料金のみの支払いでマイカー同様に車を利用でき、カーローンよりも月々の負担を抑えやすいため、一度審査に落ちた方でも実際に利用している方もいます。

※この記事の情報は2022年2月時点の情報で制作しています