血圧測定ができるスマートウォッチの仕組み、精度とは? | ガジェット通信 GetNews

沿って : Ilikephone / On : 10/08/2022

血圧測定ができるスマートウォッチの仕組み、精度とは? | ガジェット通信 GetNews

スマートウォッチで血圧測定する仕組みとは?

腕に空気で膨らむカフを巻き付けるタイプの一般的な医療用・家庭用血圧計は、「オシロメトリック法」という測定方法を使っています。

空気で膨らんだカフで腕を圧迫し、血流を一旦ストップさせます。その後、カフの圧迫をゆるめ、血液が流れ始めると、心臓の拍動に合わせて血管壁が振動します。カフ自体がセンサとなって、その振動(脈派と呼ぶ)を計測するのが「オシロメトリック法」です。

血圧測定の機能がついたスマートウォッチはいくつかありますが、カフがついたものは現在オムロンの1機種のみで、他のスマートウォッチにはついていません。では、どうやって血圧を測定しているのでしょうか?

多くのスマートウォッチでは、電気信号による心拍数の測定結果と、光学センサを使った血流の測定結果を組み合わせて、血圧を算出しています。

光学センサを使った血流測定は、緑色発光ダイオードを用い、血液が緑色の光を反射する仕組みを利用します。血管に緑色の光を当てると、血流が多い時(心臓が脈打った時)と、少ないときでは光の反射の仕方が異なります。その反射の違いをとらえて、血流を測定するのです。

スマートウォッチの血圧測定の精度は?

上記で紹介したスマートウォッチでの血圧測定方法は、医療機器として認められたものではありません。一般的な血圧計と比べて、決して少なくない誤差が生じると言われています。

そのため、正確に血圧を測定する必要がある方の使用には向きません。健康な方が参考にする程度の使用にとどめましょう。

なお、スマートウォッチで血圧を測定する際も、一般的な血圧計を使うときと同じ注意点を守ることで、測定の精度を高めることができます。

・落ち着いた静かな場所で測定する

・リラックスし、座って測定する

・手首と心臓を同じ高さに保つ

また、血圧計で計測した結果と比較して、どのぐらいの誤差が出るかを把握しておくのも良いでしょう。

スマートウォッチと家庭用血圧計ではどちらが良い?

スマートウォッチと家庭用血圧計とでは、そもそも血圧の測り方が違います。ですから、一概にどちらが良いということはできません。

ですが、正確に血圧を測りたい場合には家庭用血圧計を、手軽に血圧を測りたい時にはスマートウォッチを使用するのが便利です。

というのは、スマートウォッチの場合、家庭用血圧計を使う場合のように測り忘れるということがありませんし、移動中や仕事中、スポーツ中などいつでも血圧を測定することができるからです。

血圧を測る精度という点では、家庭用血圧計に劣りますが、日常的に健康管理を行いたいという場合には、血圧の測れるスマートウォッチを使うと良いでしょう。

また、血圧測定ができるスマートウォッチは、歩数計や運動量などを同時に測定できるものが多いため、健康管理をトータルで行いたいという時にも向いています。

なかには防水機能が完備されている製品もあり、この場合には水泳中などにも血圧を測ることができます。

結論から言えば、家庭用血圧計とスマートウォッチは場面場面で使い分けるのが良い、といったところになるでしょうか。

具体的にどんな風に血圧が表示されるの?

血圧を測れるスマートウォッチは、スマートフォンと連動しています。そのため、血圧の測定結果は文字盤の上、およびスマートフォンの管理アプリ上に表示されます。

中には、文字盤に見やすく、血圧や心拍数、消費カロリー、歩数などをトータルで表示してくれるスマートウォッチも存在します。

スポーツや運動などをよくするという人は、こうしたタイプのスマートウォッチを選べば、スポーツ中や運動中でも手軽に血圧をチェックすることができます。

もちろんスマートウォッチですから、使用中にはタイマーやアラームなどを使用することも可能ですし、性能の高いものはスマートフォンと連動させてメールの受信や通話などを行うことも可能です。

血圧測定ができるスマートウォッチの仕組み、精度とは? | ガジェット通信 GetNews

血圧測定ができるスマートウォッチは安価なものも多く、2,000円台~4,000円台で購入できるものもあります。

それぞれのスマートウォッチで、血圧がどのように表示されるかは異なっているので、製品情報をよく確認してみると良いでしょう。具体的には、製造元やAmazonなどの商品紹介ページを参考にすると良いと思います。

操作はどうやってする?

血圧を測定する場合、その操作はスマートフォン側でするものと、スマートウォッチ側でするものの2種類があります。

血圧を測れるスマートウォッチは健康管理の機能が充実しているものが多く、血圧のほかにも心拍数や歩数、消費カロリーなどをチェックできるものがほとんどです。

スマートフォン側では具体的にどんな表示をするのかの設定ができます。この場合、心拍数・血圧・歩数などを計測するアプリを使って表示内容を設定することになります。

タッチスクリーン式になっているスマートウォッチであれば、文字盤で直接表示内容を操作することが可能です。また、タッチスクリーンになっていないものでも、通常は文字盤に触れるなどして表示内容を切り替えることができます。

こちらも、操作方法がどうなっているのかは、販売元のホームページなどで事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

ただし、タッチスクリーン式のスマートウォッチは一般的に値段が高くなる傾向があります。購入費用を安く済ませたいという人は、タッチスクリーン式以外のスマートウォッチやスマートブレスレットなどを購入することを検討してみると良いかもしれません。

血圧測定ができるスマートウォッチの利点

血圧測定ができるスマートウォッチを使用する利点は、やはりいつでもどこでも使用ができるという点です。ただし、防水機能がついていない製品は水中での使用はできませんから、その点には十分に注意してください。

用途としては、通勤中の使用や仕事中の使用、運動中の使用などが考えられます。血圧計を着用しながら仕事や家事をしたり、運動やスポーツをすることはできませんから、健康にとくに気を使っている人に向いている製品だと言って良いでしょう。

ただし、スマートウォッチで血圧を測定する場合には、家庭用血圧計のように正確な数値を測定することができません。そのため、主に血圧の変化に着目したい、という場合にとくに向いていると言えます。

血圧が変化しやすかったり、元々高血圧や低血圧の持病を持っているので、日常的に血圧を測定したい、という人にとっては血圧を測定できるスマートウォッチというのはありがたい製品だと言えます。

また、こうしたスマートウォッチは贈り物としての需要も多く、高齢の家族などにプレゼントするために購入する、という人も多いようです。

血圧測定ができるスマートウォッチの注意点

血圧測定ができるスマートウォッチは大変便利な製品なのですが、一つだけ注意点があります。それは、iPhoneで使うためにはiOS対応のものを、Androidスマホで使うためにはAndroid対応のスマートウォッチを使用する必要があるという点です。

現在、血圧が計れるスマートウォッチでiOS対応のものは、Apple社からは販売されていません。この場合には、他社製の製品を使用することになるので注意してください。

もちろん、故障した際などにiPhoneのお店に持ち込んでも修理してもらうことはできないので、製品を購入したお店やメーカーに修理を依頼するようにしましょう。

その商品がiPhone対応なのか、Android対応なのか、ということも商品紹介のページに書かれていますから、まずはそれをよく確認するようにしてください。

また、スマホのOSのバージョンによっては使用できないケースもありますから、その点にも気をつけましょう。

血圧測定ができるスマートウォッチ

まだ日本では入手することができませんが、アメリカで発売されているオムロンの「HeartGuide」は、現状で最も正確に血圧測定ができるスマートウォッチです。FDA(アメリカ食品医薬品局)から認可を得ていて、血圧計と同じレベルの精度で血圧測定ができるとされています。

他のスマートウォッチと違って、「HeartGuide」はオシロメトリック法で血圧を測定します。本体に、医療用血圧計と同じような空気で膨らむカフがついているのです。

毎日同じ時間に血圧を測定するためのリマインダーを始め、アクティビティの記録、着信、メッセージへの応答など、スマートウォッチとしての基本的な機能も、もちろん備えています。

直径48mm、幅25mm、厚さ1.3cm、重さ116g、さらに内側にカフがついているので、スマートウォッチとしてはかさばる印象ですが、血圧測定の正確さのためには仕方ありません。

スマートウォッチというより、スマートウォッチの機能がついた血圧計とも言えますね。時期は未定ですが、日本での発売も検討されています。

丸いフェイスが特徴のスマートウォッチです。一般的なスマートウォッチの機能を網羅した上で血圧測定もでき、4,000円以下と安価なので、スマートウォッチデビューにもおすすめの商品です。IP67の防水防塵性能も備えています。

この商品の血圧測定は医療目的では利用できないので、健康管理の上で参考程度にしましょう。

Amazonの活動量計ランキングでベストセラーに輝いている商品です。バンドと同じ幅の細いフェイスがスタイリッシュでかさばらないので、スポーツをするときにもおすすめです。

心拍数は自動モードなら5分起きに、血圧は手動で好きなときに測定します。こちらも血圧測定はあくまで補助的なものとして考えましょう。

口コミには、血圧計と比較して誤差が少ない、バッテリーの持ちが良い、軽くて付けやすいといった高評価が並んでいます。

まとめ

血圧測定ができるスマートウォッチの仕組みや、おすすめの商品を紹介しました。多くの機種はまだ正確な血圧測定ができるわけではありませんが、健康管理にうまく役立てたいものです。

スマートウォッチに関する情報は、こちらの記事でもご紹介しています。

Copyright © 2020 iedge All Rights Reserved.

【2020最新】新生活はアレクサと!使い方からおすすめデバイスまでまとめ!Withingsから睡眠時無呼吸を検出する「Sleep Analyzer」の新バージョンが登場Appleの新製品「Mac Book Air」どう変わった?スペックや魅力まとめ!