なぜここまで爆売れ? エアバスA320が「世界一売れた旅客機」になったワケ-1987.2.22初飛行

沿って : Ilikephone / On : 07/05/2022

なぜここまで爆売れ? エアバスA320が「世界一売れた旅客機」になったワケ-1987.2.22初飛行

配信

29コメント29件

まさに“初物づくしの旅客機

元バニラエア・ANAのエアバスA320(乗りものニュース編集部撮影)。

なぜここまで爆売れ? エアバスA320が「世界一売れた旅客機」になったワケ-1987.2.22初飛行

 1987(昭和62)年2月22日は、ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス(当時はエアバス・インダストリー)社のベストセラー機「A320」が初飛行した日です。A320は2022年現在、世界で最も売れている旅客機であり、この機の大ヒットによってエアバス社は、アメリカ・ボーイング社と“世界2大旅客機メーカー”として肩を並べる存在まで成長しました。【…チョロQ?】A320の変わり種派生型 超短胴「A318」 A320はエアバス社にとって、まさに“初物づくし”の旅客機でした。 客席通路を2本もつ「ワイドボディ機」を主力商品としていた同社にとって、A320は初の通路1本でコンパクトな胴体をもつ「単通路旅客機」でした。この分野は開発時すでに、ボーイングの737シリーズ、ダグラスのDC-9/MD-80シリーズといった定番機が存在しており、エアバス社はこれに挑むべくA320に先端技術を盛り込みます。 たとえばA320には旅客機としては世界初となる、パイロットの動きを油圧などではなく、コンピューター制御を用いた電気信号で翼に伝えるシステム「フライ・バイ・ワイヤ」を搭載(過去にも部分的に同システムが採用されていた型式はある)。このことで、重量やメンテナンスコストの削減を図りました。 A320では「フライ・バイ・ワイヤ」の採用により、のちにエアバス社機のコクピットのトレードマークとなる、操縦席横に配置されたサイドスティックタイプの操縦かんが、初めて設置されました。 初飛行直前の完成披露式典では、ウェールズの王子と王女、そして当時のフランス首相、ジャック・シラク氏などVIPゲストも参加。初飛行は、フランスのトゥールーズを出発し3時間23分のフライトだったと記録されています。操縦かんを握ったのは、ピエール・ボー機長(フライト部門副社長・チーフテストパイロット)をはじめとする、同社選りすぐりの幹部陣でした。

A320はなぜここまで売れたのか?

1988年2月のエアバスA320ロールアウト・初飛行の様子(画像:エアバス)。

 エアバス社、そして欧州が威信をかけて開発したエアバスA320は1988(昭和63)年4月、エールフランス航空のパリ~デュッセルドルフ~ベルリン線で就航。同年、デモフライトで墜落事故を起こす(報告書では機体の性能が原因ではないと結論づけられた)アクシデントに見舞われることなどもありましたが、順調に受注を獲得します。 A320はその後、胴体延長タイプの「A321」、短縮タイプの「A319」をはじめ、時代や航空会社のニーズに応じ、多数の派生型を展開しました。その結果、当初発注ベースで450機程度だったのが、2012(平成24)年に5000機、2020年には1万機目が顧客に納入(派生型を含む)されるなど、世界一のメガヒット機になりました。 なぜここまでA320は爆発的に売れたのでしょうか。 初号機を受領したローンチカスタマーのエール・フランス航空は、以下の趣旨のコメントをしています。「A320は、さまざまなサイズのサブタイプを製造できるように考案された機体であることから、運用航空会社に、保守と運用両面で経済的な価値を提供します」。 A320はまったくの新設計ゆえ、ライバル機ではなしえなかった課題を埋めるようなデザインを採用できました。たとえばA320は、大型化に対応できるような長い脚をもち、航空用貨物コンテナの搭載などにも対応。パイロットの免許もすべての派生型(A320ファミリー)で共通資格としています。これらはすべて、初のジェット旅客機「707」の設計を流用したボーイング社のライバル機「737」とは対照的とされている点です。 革新的なテクノロジーの導入、なにより後発組であることを逆手にとった、航空会社にとって“かゆいところに手が届く”旅客機にしたことが、A320ファミリーがメガヒット機になった一因といえるのかもしれません。

乗りものニュース編集部

最終更新:乗りものニュース